グルメ稲佐の浜(いなさのはま) infomap

稲佐の浜(いなさのはま)
国譲り、国引き神話の舞台

稲佐の浜の夕景

国譲り、国引き神話の舞台

出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話で知られる浜。

浜辺の奥に大国主大神と武甕槌神が国譲りの交渉をしたという屏風岩があり、海岸の南には、国引きのとき、島を結ぶ綱になったという長浜海岸(薗の長浜)が続いています。

また、この浜は、旧暦10月の神在月に、全国の八百万の神々をお迎えする浜でもあります。

夏には稲佐の浜海水浴場として、海水浴が楽しめます。

弁天島

稲佐の浜に一際目立つ丸い島があります。
地元では「べんてんさん」と呼ばれて親しまれている島で、かつては稲佐湾のはるか沖にあったため、沖ノ御前、沖ノ島と呼ばれていました。

昭和60年前後までは、島の前まで波が打ち寄せていましたが、近年急に砂浜が広がり、現在では島の後まで歩いて行けるようになりました。

神仏習合の頃には「弁財天」が祀られていましたが、明治のころから豊玉豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。

屏風岩(別名国譲り岩)

高天原からの使者として派遣された武甕槌神(たけみかづちのかみ)は、この岩を背にして、大国主大神と国譲りの話し合いをされたと伝えられています。

戦うことなく国譲りをされた大国主大神の「和を尊し」とするこころを感じてください。

稲佐の浜から50メートルくらい入った山手にあります。

ページの一番上に戻る

info詳細

名称 稲佐の浜(いなさのはま)
カテゴリ 歴史・文化/自然/名所・旧跡/マリンレジャー
住所 島根県出雲市大社町杵築北稲佐
問い合わせ電話番号 0853-53-2112(出雲観光協会)
駐車場 有り 20台
交通アクセス JR出雲市駅から一畑バス【日御碕線】で「稲佐浜」げ下車(28分)、徒歩すぐ

出雲大社から車で3分、徒歩12分
ページの一番上に戻る

mapスポットマップ+周辺のオススメスポット

気になるカテゴリだけに絞り込めます
  • 観光したい!
  • 食べたい
  • 飲みたい
  • 泊まりたい
  • 遊びたい
  • 買い物したい
  • 周遊したい
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
・・・・・読み込み中です
ページの一番上に戻る