グルメ康国寺 infomap

康国寺
雲州平田の名古刹

雲州平田の名古刹

臨済宗妙心寺派大雲山康國寺は、元亨2年(1322)南北朝時代、弧峰覚明(こほうかくみょう)禅師(三光国師)を開山とし、当地の豪族であった康國公の寄進によって建立されました。
その後変遷を重ね、天明年中(1781~1788)中興の開山拙庵(せつあん)禅師によって寺域を拡大しました。

拙庵禅師は、山内に茶席「博淵亭(はくえんてい)」を建てるなど茶に対する造詣が深く庭園を計画したが、その後の韜光(とうこう)禅師の努力によって現在の庭園の形が整えられました。

松江藩7代藩主松平治郷公(号・不昧)お抱えの庭師沢玄丹により、天保元年(1830)から三年半の歳月をかけて築かれました。

枯山水の美しい庭園

本庭は、禅院特有の枯山水と背後にある旅伏(たぶし)山に貯水池(錦鏡池)を借景に取り入れた自然山水が調和し、池周辺の樹木の繁りが大刈り込みと対になり、見る者に一層の明るさと雄大さを与えています。

またこの地方独特の松を配した様式も美的効果を高めています。

さらに茶庭の影響を強く受けており、飛石を庭園の主景とした新しい様式を確立しています。

広さは256坪あります。

米国の日本庭園専門誌にランキング

米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で2005年にはランキング8位、2006年にランキング12位となりました。

ページの一番上に戻る

info詳細

名称 康国寺
カテゴリ 神社仏閣/名所・旧跡
住所 島根県出雲市国富町1301
問い合わせ電話番号 0853-62-2213
営業時間 9:00 ~ 18:00
駐車場 有り 
禁煙 全席禁煙
平均予算(お一人様) 庭園観覧料 300円
交通アクセス 一畑電車 旅伏駅から徒歩20分
ページの一番上に戻る

mapスポットマップ+周辺のオススメスポット

気になるカテゴリだけに絞り込めます
  • 観光したい!
  • 食べたい
  • 飲みたい
  • 泊まりたい
  • 遊びたい
  • 買い物したい
  • 周遊したい
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
・・・・・読み込み中です
ページの一番上に戻る