出雲大社 いずいずもたいしゃ

神います空 神集いし社 古代と現代が交わる地 出雲大社 infomap

神々の国、出雲。この地の象徴であるかのようにそそりたつ出雲大社。
八雲山を背にした神域は森厳な空気が流れ、その中で数千年もの歴史を持ち、威容を誇る神殿が厳かに立っています。

八雲立つこの場所には、なにか巨大なものの気配があります。厳粛な緊張感があります。

浮雲ただよう青空に突き刺さるような千木を仰ぎ見ると、壮大な神代の世界が確かにここに存在したことは想像に難くありません。

近年パワースポットとしても注目されている出雲大社。その由縁、理由ではなくここに来て感じてください。

出雲大社
出雲大社

縁結びの神・福の神として名高い『出雲大社』は、日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社と呼ばれていました。
主祭神は大国様として馴染みの深い『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。

出雲大社 出雲大社 出雲大社
遊歩道からは様々な海景色が見える

大国主大神が祀られている本殿は延享の造営(1744)で建立されたもので、大社造で国宝に指定されています。
神社建築の中では日本一を誇り、高さは約24m、厚い桧皮葺きの屋根の棟の上には長さ7.9mの二組の千木が交差しています。
千木の上方にあいている小さな穴は、実際は大人一人がくぐり抜けられるほどの大きさで、本殿の大きさを実感できます。

本殿に祀られる御神体は西向きで稲佐の浜の方角を向いておられ、本殿の正面から参拝すると、神様の横顔を拝んでいる事になります。

出雲大社 出雲大社 文中②釜社で、宇迦之御魂神が須佐之男命の孫とありますが、正しくは子の誤りです。

大国主大神とは

主祭神の大国主大神は素戔嗚尊の子孫、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。
神話の中の「因幡の白うさぎ」の話が有名で、『サメを騙したため全身の皮をむかれた白うさぎが大国主大神の兄たちに助けを求めたところ、海水につかり風にあたるとよいと言われた。うさぎが言われた通りにしたところ、塩水がしみてよけいにひどくなった。兄たちに荷物を持たされ遅れてやってきた大国主大神が痛みで泣いているうさぎを可哀想に思い、真水で塩を洗い、がまの穂にくるまると良いと教えたところ、うさぎの傷は治りました』というお話で、大国主大神の優しい性格がうかがえる一幕です。
そしてこの神様は多くの女神と結婚し、多くの子供をもうけます。縁結びの神様というのもうなずけます。
大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成した王ですが、大きな袋を肩にかけ、ずきんを被り、右手に打出の小槌を持って米俵の上に立つ、あの人懐こいお姿の大国(だいこく)様もまた、大国主大神なのです。

大国主命とは
大国主命とは

全てのスケールが大きい出雲大社

出雲大社には、大きなものがたくさんあります。
本殿の大屋根にかかる千木や、大国主大神の銅像、大注連縄など、なぜこんなにと思うほどです。
出雲大社本殿は、今でも神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約倍の高さ、48mあったといわれています。
当時の建築技術でそんなに高いものは作れないのでは?と長い間伝説とされていましたが、2000年に本殿八足門前の出雲大社境内遺跡から当時のものとされる宇豆柱が発見され、かつての本殿の巨大さを証明するものとして注目されました。
実際に発掘された宇豆柱を、出雲大社東方の古代出雲歴史博物館で見ることが出来ます。

主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか。
雄大な雰囲気漂うここ出雲大社は、「大いなる国の王」の名と、福徳の神でもあるそのおおらかさを表現しているようです。

宍道湖自然館ゴビウス

神在月と聞き、遠く神代の昔を想い、神国出雲を偲ぶ。

自然が魅せる、移ろいゆく灯台のある風景

旧暦10月は日本全国の八百万の神々が出雲に参集されます。
神様がお留守になるのでこの月を『神無月』といい、出雲は神様が集まられるので、この地に限っては『神在月(かみありづき)』と呼ぶようになりました。

毎年、秋が深まり日本海の波が高くなる頃、旧暦の10月10日に神迎祭が行われます。 大社から程近い日本海の海岸「稲佐の浜」に御神火が焚かれ、龍蛇(海蛇)を神々の使者としてお迎えする儀式です。

浜での神迎えが終わると、龍蛇と、神々が宿った二本の神籬(ひもろぎ)を先頭に、大社まで笛と太鼓の行進が行われます。 大社での祭典の後、八百万の神々は本殿両脇にある東西の十九社を宿とし、出雲で一週間、人生諸般の事などについての会議「神議(かむはか)り」をされるといいます。
男女の縁結びについてもこのときの神議によるものといわれています。
ちなみに会議を行うのは稲佐の浜へ行く途中にある「上の宮」というお社です。
今でも地元の人々は、この神在祭の期間は会議に支障のないよう、皆が謹慎して静かに過ごしています。そのことから地元では神在祭のことを「御忌祭」と呼んでいます。

祭事

出雲大社では旧暦10月に行われる「神迎神事」や「神在祭」をはじめ、年間72回の祭祀が執り行われます。

祭事
祭事

主な周辺の見どころ

稲佐の浜

稲佐の浜

様々な神話に出てくる海岸。高天原の使者がこの浜に剣を立てて大国主大神と国譲りの談判をしたといい、また「出雲国風土記」では、ここから南へ延びる園の長浜が国引きの綱となったことが記されています。
渚には弁天島が浮かび、海岸の景観を引き立てています。

宇迦橋の大鳥居

勢溜坂下から旧大社駅までの通りの途中、宇迦橋のたもとに立つ鳥居です。
高さは出雲大社本殿より1m低い23m、柱の周囲6m、直径は2mの鉄筋コンクリートの鳥居で、中央の額は畳6畳敷きの大きさです。

旧大社駅

大正13年の建造で、国指定重要文化財に指定されています。 明治45年の開業から1990年のJR大社線の廃止まで、出雲大社の玄関口でした。 全国でも珍しい神社様式を取り入れた格調ある木造建築で、大正ロマンを感じるノスタルジックな駅舎とホームは当時のまま残されています。

ページの一番上に戻る

info詳細

名称 出雲大社(特集記事)
カテゴリ 歴史・文化 神社仏閣 名所・旧跡
住所 島根県出雲市大社町杵築東195
問い合わせ電話番号 0853-53-3100
営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00

御守所 6:00~20:00

16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。
定休日 年中無休
駐車場 有り 385台
平均予算(お一人様) 【料金】 宝物殿・彰古館/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料(平成27年7月11日~平成28年9月末以降まで休館)
交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。車で20分。
山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。車で約30分

一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分
http://www.ichibata.co.jp/railway/

JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分http://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/taisha.html
ページの一番上に戻る

mapスポットマップ+周辺のオススメスポット

気になるカテゴリだけに絞り込めます
  • 観光したい!
  • 食べたい
  • 飲みたい
  • 泊まりたい
  • 遊びたい
  • 買い物したい
  • 周遊したい
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
・・・・・読み込み中です
ページの一番上に戻る