出雲観光ガイド

日御碕神社 神幸神事(夕日の祭り)

メイン写真

島根半島の西端、県内随一の夕日の美しさで知られる日御碕に鎮座する日御碕神社。

伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」と伝えられています。

毎年8月7日の夕刻、夕日の祭り「神幸神事(みゆきしんじ)」が斎行されます。

天照大神がご鎮座されたご神蹟を慶賀する神事です。

夕方6時、神輿に日御碕神社初代祭主である天葺根命(アメノフキネノミコト)の御魂代が移され、神職、参列者が行列を組んで日沉宮を出発します。

日沉宮の旧社地である経島の対岸、日和碕(ひわざき)のお旅所に着くと、祭祀が執り行われます。
お旅所では、神輿を経島に向け、祝詞が奉上されます。

同時刻、神官が小舟で神域である経島に上陸し、経島神社において、神事が厳かに斎行されます。

日時

8月7日 午後5時30分 ~ 午後7時

参列について

どなたでも参列可能です。旗や矛をお持ちいただいての参列となります。

旗や矛を日沉宮で受け取り、神輿の後に続き日和碕のお旅所までの約150mを付き従います。

参列を希望される方は、当日の午後5時00分までに日御碕神社までお越しください。

公共交通機関をご利用の方へ

出雲大社連絡所発の一畑バスをご利用ください。
一畑バス時刻表は以下のリンクをご覧ください。
※日御碕発のバスは18時20分が最終便となりますので、ご注意ください。

お車でお越しの方へ

日御碕神社の駐車場はご利用いただけません。
灯台近くの日御碕大駐車場(計240台)をご利用ください。

ご宿泊について

日御碕神社周辺の民宿、旅館をご利用ください。

お問合せ

日御碕ビジターセンター TEL:0853-54-5400(午前9時~午後5時)