出雲観光ガイド

鰐淵寺

かつては修験道の霊地として広く知られ、あの武蔵坊弁慶も修行したといいます。紅葉は山陰随一の美しさです。

住所

出雲市別所町148

問い合わせ電話番号

0853-66-0250

営業時間

拝観時間 8:00 ~ 16:15

【注意事項】
 ①入山料が必要です
 ②ペット同伴での入山はご遠慮ください
 ③山野草の採取はしないでください
 ④駐車場から先で三脚は使用しないでください

定休日

弁慶の伝説が残る静寂の名刹

鰐淵寺は、推古2年(594年)に信濃国の智春上人(ちしゅんしょうにん)が出雲市の旅伏山(たぶしさん)に着き、推古天皇の眼の病を治すために当地の「浮浪の滝」に祈ったところ平癒されたので、祈願成就のお礼に建立された勅願寺であるといわれています。

この鰐淵寺(がくえんじ)という名前は、智春上人が浮浪の滝のほとりで修行をしている時に、誤って仏器を滝壺に落としてしまったところ、鰐(わにざめ)がエラに引っ掛けて奉げたことから“浮浪山鰐淵寺”と称するようになったということです。
平安時代末期には修験道の霊地として広く知られ、室町時代までは栄えていたといいますが、今はひっそりとした佇まいです。

寺宝はきわめて多く、銅造聖観世音菩薩立像などの重要文化財も。(現在は非公開)そのほかの文化財は、ほとんどが古代出雲歴史博物館に寄託されています。

弁慶伝説

日本で広く知られる武蔵坊弁慶は、ここ鰐淵寺に多くの伝説を残しています。
弁慶は仁平元年(1151年)松江市に生まれ、18歳から3年間ここ鰐淵寺にて修行をしたということです。その後京都の比叡山へと移り、源義経に出会ったと伝えられています。
壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼした弁慶は再び出雲の地に戻り、鰐淵寺に身を寄せました。この道中、弁慶は「大山寺」(現在の鳥取県大山町の山中にある寺)の釣鐘をかつぎ、鰐淵寺まで約101kmある山道を一晩で持ち帰ったといわれます。
その釣鐘は国の重要文化財に指定され、古代出雲歴史博物館に寄託されています。
弁慶はその他にも、自画像、負い櫃など、多くの伝説や遺品をこの地に残しています。

往時の繁栄を偲ばせる幽玄な境内

鰐淵寺は島根半島西側の北山山中にあります。駐車場から木々が繁る少し薄暗い参道を15分ほど歩くと仁王門に到着します。

仁王門の先に本坊があり、そこから根本堂までは、かつてあの武蔵坊弁慶が釣鐘をかついで上がったとされる長い階段が続きます。
見事な紅葉で知られる鰐淵寺ですが、紅葉の時期以外はひっそりとした静かな時間が流れ、ここが修験道の霊地であったことをうかがわせます。

浮浪の滝

鰐淵寺の名前の由来にもなった浮浪滝は、修験者の守護神「蔵王権現」の聖地とされ、石段の下から谷川沿いの小道を西へ8分ほど進んだ先にあります。

滝の裏は岩窟になっており、滝壺の奥には蔵王堂がはめ込まれるように建っています。
弁慶もこの滝に打たれて修行したと伝えられ、周囲は神秘的な雰囲気に包まれています。
※足場が悪く滑りやすい道のりですので、行かれる際は十分に注意してください。

写真8

弁慶も修行したといわれる浮浪滝

古刹に賑わいを取り戻す秋の鰐淵寺

写真9

山陰屈指の紅葉といわれるほど見事な彩りを魅せる鰐淵寺のもみじ。切れが深く、葉が小さい「いろはもみじ」という種類で、赤橙黄色に染まる葉が幾重にも重なり、山全体を彩るその美しさは他の追随を許しません。
仁王門から本坊までは紅葉の並木が続き、本堂へ続く階段は深紅に染まるトンネルができます。
見頃は11月中旬頃からで、この時期静寂の境内には賑わいが戻ります。
かつてここに繁栄の時代があったことを思い出させるための、もみじたちの美しい儀式であるかのようです。

写真11
写真12

関連ページ

詳細

名称 鰐淵寺
住所 出雲市別所町148
問い合わせ電話番号 0853-66-0250
営業時間 拝観時間 8:00 ~ 16:15 【注意事項】  ①入山料が必要です  ②ペット同伴での入山はご遠慮ください  ③山野草の採取はしないでください  ④駐車場から先で三脚は使用しないでください
駐車場 有り 60台
クレジットカード 不可
平均予算(お一人様) 入山料 大人:500円、中・高生:300円、小学生:200円、団体(20名以上)で割引有 【平成24年4月1日より】
交通アクセス 山陰道宍道ICより県道184号線経由車で約25分

一畑電車雲州平田駅より路線バス鰐淵線で約25分、鰐淵寺駐車場下車、徒歩約15分