出雲観光ガイド

出雲大社

いずもたいしゃ

縁結びの神様として名高く、神話のふるさと出雲を象徴する出雲大社。その歴史や参拝方法などを、詳しくご紹介いたします。

住所

出雲市大社町杵築東195

問い合わせ電話番号

0853-53-3100

営業時間

参拝可能時間/6:00~20:00

御守所 6:00~20:00

16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。

定休日

年中無休

神々が集う、大いなる社 出雲大社

神々が集う大いなる社、出雲大社 写真

神々の国と呼ばれる出雲の地に、その象徴のように建つ出雲大社。八雲山を背にした境内には森厳な空気が漂い、数千年の歴史を持つ神殿が厳かに建っています。空を突き刺すような本殿屋根の千木を仰ぎ見ると、壮大な神代の世界も想像に難くありません。神々が集い、古代より人々から仰ぎ尊ばれてきた出雲大社。その由来や歴史、参拝ルートなどを詳しくご紹介いたします。

出雲大社の由来

縁結びの神・福の神として名高い「出雲大社(正式な読みはいづもおおやしろ)」は、日本最古の歴史書といわれる『古事記』にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社(きづきたいしゃ)と呼ばれていました。
主祭神はだいこく様として馴染みの深い「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」で、『古事記』に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された壮大な宮殿(※)が出雲大社の始まりといわれています。
※『日本書紀』では天日隅宮(あめのひすみのみや)と表記

出雲大社の歴史

現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。
本殿の後ろにある八雲山が約100mですから、山の頂上付近に千木(本殿屋根の先端にある交差した二本の木)が見えていたと想像すると、現代でも圧倒される高さです。
また平安時代の頃には約48mあったと伝えられ、平安時代中期の貴族の子弟の教科書『口遊(くちずさみ)』には、雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)という言葉が記されており、これは当時の建物の高さベスト3を表現していると言われています。
「雲太」とは出雲大社本殿、「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は京都御所の大極殿を示し、当時本殿が日本一の高さを誇っていた事が分かります。
この説は明治時代から様々な研究がなされ、当時の技術ではその高さの木材建築は不可能ではないかとも言われてきました。しかし2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました。

大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)について

出雲大社の主祭神である大国主大神は、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。大きな袋と打出の小槌を持って米俵の上に立つ「だいこく様」の姿でもお馴染みです。
神話では「因幡の素兎」が有名で、サメに全身の皮を剥かれた白ウサギが、大国主大神の兄達から“海水に浸かり風に当たれば治る”と教えられ、そのとおりにしたところ傷は酷く悪化してしまった。ウサギが痛みで泣いているところを遅れてやってきた大国主大神がやって来て、“真水で塩を洗って蒲(ガマ)の穂に包まれると良い”と教えたところ、ウサギの傷が癒えたというお話で、大国主大神の優しい性格がうかがえる一幕です。
大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。


出雲大社の参拝ルート

毎年多くの参拝客が訪れる出雲大社。本殿へは周囲どこからでも向かう事ができますが、正門からの正式な参拝方法をご紹介します。

参拝ルート写真

①勢溜(せいだまり)の大鳥居

大きな石碑とともに立つ高さ8.8m、横幅12mの鋼管製の大鳥居。ここが出雲大社の正門でこの先から参道が始まります。神門通りの入り口にある宇迦橋の大鳥居から出雲大社本殿までは合計4基の鳥居があり、ここは二の鳥居。

②祓社(はらえのやしろ)

出雲大社の参道は全国でも珍しい下り参道。参道の右手に心身の穢れを祓い清める四柱の祓戸神(はらいどのかみ)を祀る祠があるので、神前に至る前にここで身を清めます。

③松の参道

祓橋(はらえのはし)を渡り三の鳥居をくぐると、日本の名松100選に選ばれている見事な松並木が続きます。参道は中央と両側の三つに分けられ、中央は神様の通り道ということで、昔は神職や皇族の方以外は通行できませんでした。現在は松の根の保護のために中央は通行できないので、端を歩きます。

④御神像

境内の入り口手前、右手には出雲大社の主祭神、大国主大神の「ムスビの御神像」、左手には「御慈愛の御神像」が見えてきます。

⑤手水舎

神域である「荒垣」に入る前に、ここで手と口を清めましょう。

⑥銅鳥居

四の鳥居は青銅製で、1666(寛文6)年に毛利元就の孫の孫にあたる毛利網広が寄進したもの。(国重要文化財)軽く一礼してくぐりましょう。

⑦拝殿

1963年に新築された拝殿は、戦後最大の木造神社建築といわれます。高さは12.9mで、大社造りと切妻造の折衷様式。ご祈祷や奉納行事などもここで行われます。しめ縄が一般の神社とは左右逆なところにも注目。

⑦拝殿 写真

「参拝は二礼四拍手一礼」

二礼二拍手一礼という参拝が一般的ですが、出雲大社では二礼(二回おじぎ)四拍手(四回手を打つ)、最後にもう一度おじぎをします。
境内の全ての社も同様に行ってください。


⑧八足門

御祭神に最も近づける門で、通常はここから御本殿を参拝します。御本殿と八足門の間には楼門があり、正月五カ日は八足門が開放されて楼門前まで入る事ができます。

⑨御本殿(国宝)

大社造りと呼ばれる日本最古の神社建築様式。1744年(延享元年)に再建されたもので、平成の大遷宮で大屋根や千木などが新装されました。高さは約24m、厚い桧皮葺きの屋根の棟の上には長さ7.9mの二組の千木が交差しています。
御神体は稲佐の浜のある西の方角を向いて鎮座されており、本殿正面からは神様を横から参拝する形になります。

⑨御本殿(国宝) 写真
境内のイラスト

御本殿周辺のご案内

1)十九社(じゅうくしゃ)/東十九社・西十九社

神在月に出雲大社に集まられた神々のお宿となる社。御本殿の東西にあり、神在祭の期間は扉が開かれています。

2)釜社(かまのやしろ)

「お稲荷さん」として信仰されている宇迦之魂神(うかのみたまのかみ)が祀られており、食物を司る神様です。

3)素鵞社(そがのやしろ)

ヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る社。大国主大神の父神とされ、御本殿後方の一段高いところに祀られています。強いご神気を感じる場所といわれます。

4)神楽殿

昭和56(1981)年に造営され、祭典、祈願、結婚式などが行われます。大広間は270畳式の広さがあり、神社建築には珍しく正面破風の装飾にステンドグラスが使われています。正面には日本最大級の大注連縄(長さ13.6m、重さ5.2t)があります。


参拝と一緒にまわりたい境内のスポット

A)神馬神牛像

銅の鳥居を抜けて左手にある牛馬舎。神馬は地元の人から「かねおまさん」と呼ばれ、撫でれば子宝・安産に恵まれ、神牛は学力向上が期待できると言われます。

B)彰古館(しょうこかん)

境内北西の隅に建つ木造二階建ての建物。(登録有形文化財)1階にはだいこく様・恵比寿様の像が展示され、2階には出雲大社の信仰に関する資料が展示されています。

◯拝観料/200円
◯開館時間/8:30~16:30(入館は16:00まで)
◯開館期間/①土曜・日曜・祝日②大祭礼期間(5/14~5/16)③神在祭期間(旧暦の10/11~10/17)④正月(概ね元日~5日迄)⑤大型連休期間(ゴールデンウィーク他)

C)宝物殿「神祜殿」

出雲大社の悠久の歴史を物語る数多くの貴重な文化財や美術品が展示されています。平成29年にリニューアルされ、かつて御本殿の中心を支えていた「心御柱」が展示され一般公開されています。
この「心御柱」は2000~2001年にかけて出雲大社境内から発掘された13世紀前半頃の巨大な柱で、直径1.35mの杉の大木を3本に束ねて1本にした構造は、高さが48mあったとされる古代の高層神殿の存在を裏付ける発見となりました。

◯拝観料/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料
◯開館時間/8:30~16:30(入館は16:00まで)

D)境内のうさぎ

神話「因幡の白兎」を基に作られた「ご慈愛の御神像」の他に、出雲大社境内のいろいろな場所にウサギたちがいます。御本殿裏・神苑・神楽殿周辺等、境内を散策してウサギたちと触れ合ってみては。


全てのスケールが大きい出雲大社

全てのスケールが大きい出雲大社 写真

出雲大社には「大きなもの」がたくさんあります。御本殿や神楽殿、神楽殿の大注連縄、日本一おおきな国旗(畳75畳分(約14m×9m)、ポールの高さ47m)など、いずれも規格外の大きさです。
出雲大社御本殿は現在も神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約2倍の高さ、48mあったといわれています。この巨大神殿は長い間伝説とされていましたが、2000年に出雲大社境内遺跡から当時のものとされる柱が発見され、神殿の存在を証明するものとして注目されました。(実際に発掘された柱は、出雲大社宝物殿及び古代出雲歴史博物館でご覧いただけます。)
主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか?雄大な雰囲気の漂う出雲大社は、「大いなる国の王」の名を持ち、福徳の神でもある大国主大神のおおらかさを表現しているようです。


出雲の神在月

出雲の神在月 写真

毎年旧暦10月は、日本全国の八百万の神々が出雲に参集されます。全国的には神様がお留守になるこの月を「神無月」と言いますが、神様が集まられる出雲の地に限っては「神在月(かみありづき)」と呼ぶようになりました。


もっと詳しく知りたい方のために


周辺の主な見どころ

稲佐の浜

古事記や日本書記、出雲国風土記など、神話の舞台となった海岸。高天原の使者がこの浜に剣を立てて大国主大神と国譲りの談判をしたという「国譲り神話」や、ここから南へ延びる園の長浜が国引きの綱となった「国引き神話」など。渚には弁天島が浮かび、海岸の景観を引き立てています。

宇迦橋の大鳥居(うがばしのおおとりい)

神門通りの入り口、宇迦橋のたもとに立つ大鳥居です。高さは出雲大社御本殿より1m低い23m、柱の周囲6m、直径は2mの鉄筋コンクリートの鳥居で、中央の額は畳6畳敷きの大きさです。本殿までの計4基の鳥居のうち、ここが一の鳥居と呼ばれます。

島根県立古代出雲歴史博物館

出雲大社から東へ徒歩5分のところにあり、古代出雲や出雲大社の歴史、文化を知ることができる博物館です。古代出雲大社の1/10スケールの模型や、銅剣・銅鐸・銅矛などの国宝が展示されています。

神門通り(しんもんどおり)

勢溜から宇迦橋まで700m続く出雲大社の門前町。名物の出雲そばや出雲ぜんざいなどの食事処やカフェ、縁結びグッズなどのお土産屋などが立ち並びます。


その他サービス

バリアフリー(車いすの貸し出しについて)

出雲大社で車椅子の無料貸出しのサービスがあります。
貸出場所/出雲大社社務所
貸出時間/8:30〜16:30
※利用範囲は出雲大社境内のみとなります。
※台数には限りがございます。

公共交通機関アクセス

出雲縁結び空港から出雲大社へ直行

①出雲大社直通空港連絡バスをご利用の場合
羽田—出雲便の1便と2便に合わせ運行します。(1日2便のみ)
空港からの出発時刻は、航空機の到着時刻、最終手荷物引渡しにより変動します。

②タクシーをご利用の場合
所要時間/約35~40分(約22km)
料金/約7,000円 ※あくまでも目安です。

③レンタカーをご利用の場合

出雲縁結び空港から出雲市駅経由で出雲大社へ

出雲縁結び空港→(空港連絡バス)→ 出雲市駅

出雲市駅行きの空港連絡バスは、各便到着時刻から約10分後出発予定です。
空港からの出発時刻は、航空機の到着時刻、最終手荷物引渡しにより変動します

出雲市駅 → 出雲大社

①一畑バスをご利用の場合
JR出雲市駅から出雲大社前まで

②一畑電車をご利用の場合
JR出雲市駅に隣接する電鉄出雲市駅から、川跡駅経由で出雲大社前駅まで 

③タクシーをご利用の場合
所要時間/約20~25分(約10km)
料金/約3,500円 ※あくまでも目安です。

④レンタカーをご利用の場合

詳細

名称 出雲大社
住所 出雲市大社町杵築東195
問い合わせ電話番号 0853-53-3100
営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00 御守所 6:00~20:00 16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。
定休日 年中無休
駐車場 有り 385台
平均予算(お一人様) 【料金】 宝物殿/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料
彰古館/大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円
土・日・祝日、大祭礼期間(5月14日~16日)、神在祭期間(旧暦10月11日~17日)、正月(概ね元日から5日)、大型連休期間(ゴールデンウィークほか)のみ開館
交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。車で20分。
山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。車で約30分

一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分
http://www.ichibata.co.jp/railway/

JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「正門前」または「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分http://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/taisha.html