出雲日御碕灯台 いずもひのみさきとうだい

紺碧の海に映える白亜の灯台断崖にそびえ立つ日本一の風格 infomap

島根半島、最西端の断崖にそびえる『出雲日御碕灯台』

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65mと日本一の高さを誇ります。海面から灯塔の頭上までは63.30あります。
光度は48万カンデラで夜間約40km沖合まで達し、100歳を越えた今なお現役で海の安全を守っています。

外壁は松江市美保関町から硬質の石材を切り出して使用した美しい石造り。内壁はレンガ造りで施され、外壁と空間をあけた特殊な二重構造となっています。

その歴史や文化的な価値の高さから、平成10年に「世界の歴史的灯台百選」の一つに、平成25年に国の登録有形文化財に選ばれました。

立久恵峡

日本一の高さを誇る日御碕灯台

灯台の内部には163段のらせん階段があり、参観料200円で灯台上部の展望台へと上がることができます。

展望台からの眺めは絶景!
眼下に広がるパノラマの日本海に島根半島の全景、晴れた日には遠く南方に中国山地の連なり、はるか北方には隠岐諸島ものぞめます。

また灯台の構造について学べる灯台資料展示室もあります。(入場無料)

灯台下の海側のスペースには望遠鏡が設置され、はるか水平線に運航する大型船や季節によってはウミネコなどを観ることができます。

海岸沿いには柱状の奇岩が続く

海岸沿いには柱状の奇岩が続く

海岸沿いには柱状の奇岩が続く

松並木の続く遊歩道でダイナミックな海岸美を堪能

立久恵峡

海岸に沿って続く遊歩道

青い海に奇岩や絶壁が続く、景勝地日御碕(大山隠岐国立公園)。
ここは海食によって隆起した岩盤で、足元は柱状の奇岩が連なる断崖絶壁。
その海岸線には松林と遊歩道が続き、岩にぶつかる波しぶきの音を聞きながら自然が作り出す造形美を満喫できます。

小径を振り返れば松林の間から白くそびえる灯台がのぞめ、北へ歩けば『出雲松島』と呼ばれる海景色へも通じており、様々な風景を楽しみながら散策することができます。

宍道湖自然館ゴビウス

人々に幸もたらす実り多き水

大山隠岐国立公園

島根、鳥取、岡山の三県にまたがった、山岳景観と海岸景観との調和が取れた公園です。

大きく分けると
・中国山地の最高峰である大山から蒜山(ひるぜん)までの火山を中心とした山岳・高原景観からなる一帯
・隆起・沈降海岸景観の卓越した島根半島の海岸部
・トロイデ火山と牧野景観からなる三瓶山(さんべさん)一帯
・海食崖が美しい外海多島海景観の島前・島後の隠岐諸島

の4つの地域からなり、山陰を代表する景勝地が集結しています。

遊歩道からは様々な海景色が見える

遊歩道からは様々な海景色が見える

潮の香りと海の幸を贅沢にほおばる

駐車場から灯台への散策路沿いには商店や食事処が点在します。
その日の朝に地元であがった新鮮な魚介の海鮮丼が名物で、季節や日によってネタも様々。
贅沢に盛りつけた魚介に秘伝のタレをからませて、ごはんと一緒に豪快に味わいたい一品です。

また、店頭で焼いてくれる海鮮焼きもオススメ!サザエの壺焼きや肉厚でジューシーなイカ焼きなど、香ばしい匂いが漂い食欲をそそります。

新鮮なネタをたっぷり乗せた日御碕名物『みさき丼』

新鮮なネタをたっぷり乗せた日御碕名物『みさき丼』

甘辛の味付け。思い切りかぶりつこう
甘辛の味付け。思い切りかぶりつこう

甘辛の味付け。思い切りかぶりつこう

自然が魅せる、移ろいゆく灯台のある風景

自然が魅せる、移ろいゆく灯台のある風景
ページの一番上に戻る

info詳細

名称 出雲日御碕灯台(特集記事)
カテゴリ 歴史・文化 自然 名所・旧跡
住所 島根県出雲市大社町日御碕1478
問い合わせ電話番号 0853-54-5341
営業時間 午前9時~午後4時30分
定休日 12月30日、31日
駐車場 有り 第一駐車場65台、第二駐車場175台(バス6台)
平均予算(お一人様) 出雲日御碕灯台:一般公開/大人(中学生以上)200円、小人 無料、灯台資料展示室/無料
交通アクセス 山陰道 宍道ICから35km 約50分
JR出雲駅からバスで45分、出雲大社からバスで20分http://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/taisha.html
ページの一番上に戻る

mapスポットマップ+周辺のオススメスポット

気になるカテゴリだけに絞り込めます
  • 観光したい!
  • 食べたい
  • 飲みたい
  • 泊まりたい
  • 遊びたい
  • 買い物したい
  • 周遊したい
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
選択をクリアする
・・・・・読み込み中です
ページの一番上に戻る